何度繰り返しても

息子がおもちゃの片付けをしないことを注意していると、息子は泣き出して私はイライラがつのる。

 

こんなやり取りに疲れて、自分が嫌になって、注意するのはやめよう、一緒に片付けしようと決めた。

 

はずなのに、何度かに一度はまた繰り返してしまう。

 

手放すってそんな簡単ではないのかな。

 

でも前よりは気持ちの切り替えがマシになっているような気がする。

 

繰り返しても、そんな自分に気付いてまた手放していこう。

挑戦する勇気

ここ最近ホームページ作成に集中している。

 

アナログな私なので、何度も何度もつまずきながらもようやく完成した。

 

これで終わりと思いきや、公開したホームページが検索結果に出てこないということがわかり、そのための対策に明け暮れていた。

 

そして今朝やっと検索結果に表示され、嬉しくて嬉しくて視界が一気に広がったような感覚だった。

 

まさか自分がこんなことをするなんて想像もしなかったけれど、決して簡単ではないけれど、なんとかできた。

 

自分にはムリと思うことでも、少しでもやりたい気持ちがあるものなら挑戦する勇気がわいてきた。

少しの勇気

家で育てているウンベラータの鉢が錆びてきたので、新しい鉢に植え替えることに。

 

いつもなら一人でやるところだけれど、一緒に手伝ってほしいと旦那さんにお願いした。

 

一人でやるより作業ははかどるし、アイデアももらえるし、とても協力的だし、何より私の気持ちが楽だった。

 

とても簡単で普通のようなことだけれど、やってみようかなと思うことは少し勇気をもってやっていこう。

 

ちょっとやってみたい

公園の砂場で息子と裸足になって砂に足を埋める。

 

足の裏でいろんな形の石や砂を感じる。

 

気持ちいい、痛い、くすぐったい、冷たい、重い、いろんな感覚が足の裏から伝わってくる。

 

足を洗ってからもその感覚がまだ残る。

 

ちょっとやってみたいをやってみる、とても楽しかった。

 

今を楽しむ

6歳の娘、ピアノを始めて1年少し、家では全く練習しない。

以前はその姿に頭を悩ませ注意したり、怒りをぶつけることもあったけれど、もう諦めた。

親に言われてやっても全然集中しないし、楽しくなさそう。私も苦しい。

でも先生とのレッスンの時間が楽しい、という娘の意思を尊重してピアノを続けている。

そんな娘が今度大きな舞台で発表することになった。参加の意思を決めたのは娘。

課題曲2曲を弾けるようになるまではがんばって練習したけれど、その後は練習せずミスタッチが多くなっている。

やると決めて挑んだのだから、自分の言葉に責任持って練習しなさい、ときつい言葉をかける私。

発表会まであと数日、ピアノより公園で遊ぶことに夢中な娘。

発表会があるから、とか、やると決めたんだから、とか、そんなことさえもどうでもよく、今やりたいことをやるのがいいのだろうか。

今やりたいを最優先する娘の姿を見て感じる。

私もあと少しでチネイザンの最終試験を控えている。そこにばかり気持ちを向けず、今に集中することがいいのかもしれない。

今を楽しむ

6歳の娘、ピアノを始めて1年少し、家では全く練習しない。

以前はその姿に頭を悩ませ注意したり、怒りをぶつけることもあったけれど、もう諦めた。

親に言われてやっても全然集中しないし、楽しくなさそう。私も苦しい。

でも先生とのレッスンの時間が楽しい、という娘の意思を尊重してピアノを続けている。

そんな娘が今度大きな舞台で発表することになった。参加の意思を決めたのは娘。

課題曲2曲を弾けるようになるまではがんばって練習したけれど、その後は練習せずミスタッチが多くなっている。

やると決めて挑んだのだから、自分の言葉に責任持って練習しなさい、ときつい言葉をかける私。

発表会まであと数日、ピアノより公園で遊ぶことに夢中な娘。

発表会があるから、とか、やると決めたんだから、とか、そんなことさえもどうでもよく、今やりたいことをやるのがいいのだろうか。

今やりたいを最優先する娘の姿を見て感じる。

私もあと少しでチネイザンの最終試験を控えている。そこにばかり気持ちを向けず、今に集中することがいいのかもしれない。